ミャンマーミャンマー

少数民族が暮らすミャンマーの農村地域で、
映像授業の力を活用し、高校卒業試験突破をサポートしています。

取り組んでいる教育課題

ミャンマーには「セーダン試験」と呼ばれる高校卒業試験があります。日本のセンター試験によく似ており、成績優秀者はそのまま大学に進学することもできます。
しかし、合格率は全国の高校で30%程度。7割近い高校生は、高校を卒業することができず、大学に進学することもできません。
特に少数民族が暮らす農村地域では、先生不足などの問題に加えて言語の壁など影響し、合格率が10%を下回る学校も少なくありません。

私たちの行動

農村地域の生徒たちへのインタビューを重ね、苦手科目を明らかにし、試験突破に向けて必要な映像授業を揃えていきました。
国内最高峰の先生の協力を獲得し、また少数民族が多く暮らすミャンマー北西部のチン州出身の青年・ジョセフが現地リーダーとして参画。
チン州を中心に4地域、5つの施設で11年生のセーダン試験の受験を支援しています。

活動成果とこれから

現地リーダーのジョセフのもとに優秀なスタッフが続々と参画し、これまでに400を超える映像授業を作成し、約600人の生徒のセーダン試験突破を応援しています。
セーダン試験の合格率が10%程度と低迷していた地域では、2013年からの活動が実を結び、全国平均の30%ほどまで改善しています。
今後はチン州からの承認を得た上で公立学校への導入を進め、そこでの成果をもとに全14の州・管区政府へと拡大していきたいと考えています。

他の国の活動実績も見る

  • バングラデシュ

  • フィリピン

  • ミャンマー

  • ネパール