ネパール

ネパールの山岳部の中学生の未来を切り開くため、
全国共通の中等教育修了試験の対策を、映像授業によってサポートしています。

取り組んでいる教育課題

2015年4月25日、ネパールを大地震が襲いました。死亡者数は8,000人を超え、教育への影響も甚大で、全壊あるいは大きな被害を受けた教室数は15,000をゆうに超え、約100万人の生徒が学ぶ場所を失いました。
ネパールにおける最も大きな教育課題は、公立学校と私立学校の学習環境の格差です。特に顕著に現れるのは、全国共通の中等教育修了試験の成績です。
都市部の私立学校では毎年90%以上が合格ラインに達するのに対して、農村部の公立学校では20%程度に留まります。

私たちの行動

2015年8月、私たちのネパールでの挑戦が始まりました。被災地の農村に入り、教育課題をくまなく調べました。
すると多くのNGOが学校建設をはじめとした支援を続ける中、中等教育課程の生徒たちへ進級試験に向けた学力支援にアプローチできているNGOはありませんでした。
現地の有名な私立・公立高校の先生の協力のもと理系科目の映像授業を完成させ、山岳部のモデル校2校への提供を実施しています。

活動成果とこれから

現地NGO「Kids of Kathmandu」とのパートナーシップのもと、山岳部のモデル校2校の10年生に対して理系科目を中心とした教育支援を実施してきました。
これまでに130本を超える映像教材を作成し、約300人の高校生をサポートしています。
今後はモデル校の拡大を進めるとともに、農村部の数学力向上について、教員研修やカンファレンスの開催などもJICA事業の一環として行っていきます。

他の国の活動実績も見る

  • バングラデシュ

  • フィリピン

  • ミャンマー

  • ネパール