とじる
メニューをとじる
カテゴリで探す
国(地域)で探す※50音順
メニューをとじる
 

SPONSERD LINK

日本を代表する国際協力NGOを目指し共に挑戦する仲間を募集します!
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
トジョウエンジンとは

トジョウエンジンとは

e-Educationがお送りするWebマガジンです。途上国で奮闘する日本人のストーリー、社会を変えるグッド・アイデアを毎日お届けします。

更新情報を受け取るには?

更新情報を受け取るには

RSS登録するかFacebookページを「いいね!」すると、ブログの更新情報を簡単に確認できます。

【お申し込みフォーム】セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで途上国に最高の授業を届けよう!
02/28

1リットルで6時間の電気を! アフリカの女子中学生が製作した尿を燃料にした発電機

Maker-Faire-Africa1
これまで電気が足りない途上国を救うようなグッドアイデアを紹介してきましたが、今回のものは驚くべきアイデアなのでぜひチェックです! 写真にあるのは、ナイジェリアの中学生の女の子が製作した発電機。通常、排泄物として処分される尿を燃料に用いることで、1リットルにつき6時間分の電気をつくり出すことができるとのこと。 »つづきをよむ
02/28

川でなく州の字で寝る! バングラデシュのベッドが大きな理由

banglab64
「川の字で寝る」という聞いてどんなイメージを描くでしょう? お父さんとお母さんの間に挟まれた小さな子ども。そんな家族を想像するのではないでしょうか? バングラデシュでも家族で一緒に寝る習慣がありますが、「川」というより「州」の字に近いです。 »つづきをよむ
02/27

【マニラ活動記録Vol.3】再出発の初日に空港で詐欺に! 失望の末、帰国も頭によぎった再スタート

19586_489919431072648_2031477298_n
こんにちは。e-Educationフィリピン担当の秦大輝です!フィリピンの首都マニラのスラム街に住む高校生たちに、大学受験対策の映像授業を提供するために日々走り回っています。 ミンダナオ島でのプロジェクトを撤退し、再出発を決意。再度マニラに向けて旅立った経緯は前回の記事でご紹介しました。今回はその続きを書き綴りたいと思います。実は、マニラに到着したその日、思わぬトラブルに巻き込まれてしまったのです。 »つづきをよむ
02/27

移民による送金革命を! 安心・簡単・スピーディーな送金サービス「BlueKite」

bluekite
4060億ドル。 これはいったい何の数字だと思いますか? 実は、家政婦などとして国外で働く移民労働者や海外就労者による、母国の発展途上国への送金見込みの総額です。(世界銀行発表/2012年11月/世界銀行の移民と送金に関する報告書より) ところが、移民の大半は銀行口座を開設できない貧困層。さらには、送金専門業者に仕送り額の15%程度も手数料として泣く泣く支払わざるを得ない状況がありました。 »つづきをよむ
02/26

ついに法律制定へ!フィリピン歴史上、最大の教育改革「K to 12」プログラムとは?

medium_3457561 (1)

photo credit: Proust via photopin cc

フィリピンの教育制度が大きく変わろうとしていることをご存知でしょうか? 先日正式に導入が決まった、フィリピンの歴史上、最大級の教育改革法案をお伝えいたします。 »つづきをよむ
02/26

太陽光の力できれいな水を! 海水から1日5リットルの生活水をつくる浄水器「Eliodomestico」

eliodomestico
鍋のようなかたちをしたこの陶器。実は、海水を塩抜きしてくれるという優れものなのです。 海水の淡水化というと予想以上にコストがかかったり、たくさんのプロセスを踏まなければいけないことを知らない人も多いかもしれません。 »つづきをよむ
02/25

俳優マットデイモンがトイレに行かない宣言! その理由とは一体?

mattdamon-announcement
映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』や『オーシャンズ11』でもおなじみ、俳優のマットデイモン。実は彼、途上国の水問題を解決しようとしているNPO団体「Water.org」の創設者でもあるのです。 彼は最近、Water.orgのYoutubeキャンペーンにてトイレに行かないことを宣言しました。世界中で、途上国で水問題があり、多くの人がアクセスできていないということの認知を上げるためです。 »つづきをよむ
02/25

Suicaがバングラデシュへ!ICカードが解決する途上国の3つの交通課題

bangladesh_bus

photo credit: BatulTheGreat via photopin cc

日本では当たり前になっているSuica。 電車に乗る時もバスに乗る時もカード1枚を取り出すだけでサッと乗り降りできます。初めて使ったとき感動する人も少なくないでしょう。 そんな日本の優れた技術が、途上国へ広がっていることをご存知でしょうか? 今回はバングラデシュで導入が進むICカードの魅力をご紹介しましょう。 »つづきをよむ
02/24

5000年間大人気のオシャレ!バングラデシュのハンドアート「Mehendi(メヘンディ)」

5_photo06
手のオシャレと言えば何を想像するでしょうか? 日本であれば、ネイルアートを想像する人が多いのではないかと思いますが、バングラデシュの手のオシャレは少し違います。 今回は、ずっと昔から人気を誇るバングラデシュの「Mehendi(メヘンディ)」をご紹介します。 »つづきをよむ
02/24

先進国ではアウトドア、途上国では生活用水に! スタイリッシュな浄水ボトル「Alter Ego」に注目

team_alter-ego
みなさんは、浄水ボトルを持っていますか?キャンプに行く人や防災に関心ある人はもしかしたら持っているかもしれません。 しかし、ほとんどの人は持っていないと思います。そのような人に向けて、今回はスタイリッシュな浄水ボトル「Alter Ego」を紹介します! »つづきをよむ
 
日本を代表する国際協力NGOを目指し共に挑戦する仲間を募集します!
【お申し込みフォーム】セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで途上国に最高の授業を届けよう!
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
ページトップ
© 2017 e-Education. | Website Created by Tane
© 2017 e-Education.
Website Created by Tane
トジョウエンジン ホーム ページの先頭へ