nepal_field_work2017

こんにちは。e-Education海外事業統括の吉川です。

私たちは、「世界の果てまで最高の授業を届けよう」というミッションのもと、映像授業によって一人でも多くの子どもたちが最高の授業で学ぶことができるように活動を行っています。現在はアジア6カ国において、現地メンバーや多くの協力者とともに、日々課題解決に向けて取り組んでいます。

今回は、実際に活動地を訪れ、教育課題の実態を調査したり、映像授業が活用されている学校を一緒に見て回るフィールドワークを企画いたしました。対象国はネパールで、e-Educationの事業の中ではもっとも新しいプロジェクトです。

途上国の現場を見てみたい、教育支援のNGOがどのように活動しているのか学びたいといったみなさんとともに、現地で充実した活動ができればと思っています。

同じ志や問題意識を持った素敵な仲間との出会いもフィールドワークの醍醐味です。みなさんのご参加、心よりお待ちしております!

フィールドワークに申し込む »

世界で最も開発が難しい国 ネパール

nepal_field_work2017_01

エベレストを始めとした標高5000mクラスの山々が連なり、海がなく道も険しく、大国インドと中国に挟まれているネパールは、世界で最も開発が難しい国とも言われいています。

首都であるカトマンズには多くの人が密集してはいますが、他のアジアの国々と比べても発展しているとは言えません。都市部と農村部の格差も大きく、子どもたちの教育環境は恵まれていません。農村部ではなかなか仕事に就くことができず、海外へ出稼ぎに行かざるを得ない状況です。

途上国の実態、どうすれば解決に近づくのかを、今回のフィールドワークでみなさんと一緒に考えて、アクションを起こしていきたいと思っています。

一方、ネパールでは独特な伝統文化やあたたかい人々と出会えるのも魅力の1つです。ゆっくりと流れる時間の中で、自分自身を見つめ直す機会になると思います。ヒンドゥー教の聖地でもある世界遺産パシュパティナートも訪ずれる予定です。

パシュパティナートはガンジス川に通ずる火葬場で、人間の生と死に向き合える場所でもあります。また、カトマンズを少し離れる自然豊かな山々が広がります。日本の生活と比べる非日常の体験が多くできることに加え、食事もおいしいですし、ネパール人は非常に親日なので、また必ず戻ってきたくなる、そんな旅になると思います。

e-Educationだからこそできる旅

今回のフィールドワークのポイントを3点ご紹介します。e-Educationのフィールドワークだからこそ体験できること、出会える仲間、触れられる世界があると思っています!

【1】e-Educationのプロジェクト地を実際に訪問

nepal_field_work2017_02

2015年から開始したネパールでのe-Educationプロジェクト。現地パートナーや協力してくださった先生方とのディスカッションを行ったり、実際に活用している生徒の様子を見にいきます。農村部の子どもたちに最高の授業を届けるために何が必要なのか、私たちに何ができるのかを一緒に考えましょう。

【2】農村での生活体験ができるホームステイ

nepal_field_work2017_03

日本の生活とは全く異なる農村部での生活。時間、家族、食べ物、水、生き物、自然、愛、友情、様々なことをこれまでとは違った視点で考えるきっかけになると思います。日本では当たり前すぎて気が付かないことを、ネパールが教えてくれます。本当の家族のように接する中で、みなさんの世界もきっと広がると思います。

【3】人との対話により気づきを深める

nepal_field_work2017_04

e-Educationプロジェクトは、現地パートナーや学校の先生、教育省の方々など多くの方との議論をもとに活動を行っています。見て回るだけではなく、実際に先生や生徒とやりとりを行い、対話を通して気づきや発見を深めていきます。

加えて、ともに当フィールドワーク参加者のみなさん同士での交流も大切にしています。異なるバックグラウンドの方々が参加されることになると思いますが、プログラム終了時にはかけがえのない仲間になっていること間違いなしです。

プログラム概要

現地活動期間
2017年3月11日〜2017年3月17日(現地7日間)
*途中からの参加や一部日程のみの参加もご相談に応じます。

活動場所
カトマンズ、カブレ、ナガルコット

参加資格
18歳以上

参加費用
80,000円 (※早割:5000円引き)
<費用に含まれるもの>
現地での宿泊費、食費、ネパール国内交通費、研修・コーディネート費
<費用に含まれないもの>
航空券、ビザ申請費、海外旅行保険、各自お土産等の費用

推奨フライト
【往路】
・タイ航空(TG661,TG319)
・3月11日(土) 0時20分羽田発
 →(バンコクトランジット)
 →12時45分カトマンズ着
【復路】
・タイ航空(TG320、TG682)
 →3月17日(金) 13時55分カトマンズ発
 →(バンコクトランジット)
 →18日6時55分羽田着
 (*日本到着は3月18日(土)の午前6時55分)

定員
15名
*定員に達し次第、受付を締め切らせて頂きます。

最少催行人数
5名

申し込み〆切
2017年2月26日(早割〆切日は2月15日)

スケジュール

schedule_nepal2017

※スケジュールは変更の可能性があります。

お申込み

フィールドワークへのお申込みは、こちらの申込みフォームからお願いします。

お申込み後の流れ

申込フォームをご記入いただいた方へ、e-Educationスタッフよりメールにて「プログラム申込書」及び「参加費のお支払い方法のご案内」をお送りいたします。プログラム申込書の提出と参加費のお支払いをもって、申込完了となります。

申し込み完了後、担当スタッフと一度面談の機会を設けさせていただき、諸注意やフライトスケジュールなどについて(遠方の方はスカイプ等を活用して)ご連絡させていただきます。
※参加手続き完了後のキャンセルは、現地コーディネートの手配等の都合上、キャンセル料が発生する場合がございますので、ご了承ください。

本プログラムへの疑問・質問がございましたら、下記連絡先までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:info [at] eedu.jp (担当:吉川)
※上記 [at] の部分を@マークに変えて送信ください。

皆様のお申込みを心よりお待ちしております!

フィールドワークに申し込む »

nepal_field_work2017_05


途上国の教育課題を若者の力で解決する

SPONSERD LINK