とじる
メニューをとじる
カテゴリで探す
国(地域)で探す※50音順
メニューをとじる
 

SPONSERD LINK

【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
これらの記事のライター (他のライターをみる)
 
トジョウエンジン編集部

この記事はトジョウエンジン編集部がお届けしています。はじめての方はトジョウエンジンとはをご覧下さい。

トジョウエンジンとは

トジョウエンジンとは

e-Educationがお送りするWebマガジンです。途上国で奮闘する日本人のストーリー、社会を変えるグッド・アイデアを毎日お届けします。

更新情報を受け取るには?

更新情報を受け取るには

RSS登録するかFacebookページを「いいね!」すると、ブログの更新情報を簡単に確認できます。

e-Educationのニュスレターに登録する!

途上国の「ものづくり」をファッションブランドとNGOが語る!ファクトリエ×e-Educationイベントレポート

34455673_1628782103903223_8045763060230520832_n
ファストファッションが世界的に流行し、途上国で製造したものを先進国で消費するというアパレル業界の流れが強まる中、Made in JapanにこだわりをもつファッションブランドFactelier(ファクトリエ)と途上国で教育支援をするNPO e-Educationが「途上国のものづくり」をテーマに語ります。 本日は両団体の対談イベントとしてファクトリエ銀座店で開催された「ものづくりカレッジ」の様子を余すところなくお伝えします! »つづきをよむ

かものはしプロジェクトから独立して新たなスタートを切ったSALASUSU。6月6日(水)まで渋谷ヒカリエでポップアップ実施中!

_Q6A9417
かものはしプロジェクトのカンボジア事業部が、2018年4月1日に本部から独立してNPO法人SUSUとして新しいスタートを始めました。今回ご紹介するのは、事業の一つとして実施しているカンボジア発ブランド「SALASUSU(サラスースー)」です。 »つづきをよむ

【6月7日】出版記念クロストークイベント「僕らの挑戦はバングラデシュから始まった」キズキ安田祐輔 x e-Education三輪開人

talk_event0607
今回e-Educationと一緒にトークイベントするキズキグループ(株式会社キズキ/NPO法人キズキ)は、不登校・中退・ひきこもり・うつ・発達障害・再受験など、もう一度勉強したい人のための個別指導塾「キズキ共育塾」を運営されています。 キズキ代表の安田祐輔さんも、発達障害によるいじめや一家離散、就職後の引きこもりでの休職など多くの困難を乗り越えて、自身の経験からキズキを創業され、その挑戦のストーリーが描かれた、安田さん初の著書『暗闇でも走る』が先日出版されました。 「バングラデシュの娼婦」 『暗闇でも走る』の目次に、突然登場する驚きの言葉。安田さんの挑戦は、大学在学中のバングラデシュとの出会いが大きく関係しています。 今回のイベントでは、そんなバングラデシュの教育課題に挑むe-Educationと、日本の教育課題に挑むキズキの代表2人によるクロストークを交えながら、参加者の皆さんと一緒に挑戦のヒントを考えていけたらと思います。 »つづきをよむ

5人の女子大生の挑戦!!インドの貧血問題改善「インドへ届け!鉄なすプロジェクト」

Picture3
インドでは鉄分不足で貧血に苦しむ女性の割合が、妊産婦の場合だと約58%と深刻であることをみなさん、ご存知ですか?今回は、そんなインドの貧血問題の改善に取り組む「Healthお届け隊」のクラウドファンディングプロジェクトについてご紹介します! »つづきをよむ

野球を通じて世界を笑顔に。 モンゴルで野球を普及させたいーー竹部貴博さんインタビュー

baseball_1

モンゴルで野球を教える竹部貴博さん

日本ではプロ野球の交流戦が盛り上がっていますね。日本では国民的スポーツとしてとても人気があるものの、バットやグローブなどの用具が必要となるため、サッカーなどに比べて海外、特に途上国ではあまり普及していません。 モンゴルにおいてもそのような状況が顕著で、サッカーやバスケに比べると野球ができるのは一部の富裕層のみという状況ですが、そんなモンゴルの状況を知った一人の日本人青年がモンゴルで野球を普及させようと奮闘しています。 今回は8月26日から9月1日までモンゴルで野球教室を開く予定の竹部貴博さんにインタビューをおこない、彼の挑戦について伺ってきました。 (聞き手:山﨑のり) »つづきをよむ

【関西で初開催!】e-Educationの全てがわかる、活動報告会を開催します【6/25(日)14:15〜】

0625.osaka
こんにちは、NPO法人e-Education初代ネパールプロジェクト担当の中尾知美です。今日は「教育・途上国・NPO 」という単語にビビッとくる方が集う大阪イベント情報をお伝えします! »つづきをよむ

海外インターン生が語る!ネパールフィールドワークの魅力とは?【募集期間延長!3月4日申込〆切】

with_kids
みなさん、ナマステ! e-Educationネパールプロジェクト担当の中尾知美です。 現在e-Educationは、3月11日から3月17日にかけて行われる約1週間のネパールフィールドワークの参加者を募集しています。私はネパールに滞在してもうすぐ1年経ちますが、今回、みなさんに少しでもネパールの魅力をお届け出来たらと思っています! プログラム募集要項はこちら » 申し込みフォームはこちら » »つづきをよむ

自分も世界も変えたいあなたへ。アジア5カ国で挑戦する大学生たちからのメッセージ

eedu_intern_message2017.png
新年が明けて1週間。皆さんは良いスタートを切れたでしょうか? 「今年こそ勝負の一年にしたい!」 「大学生のうちに大きなことにチャレンジしてみたい!」 「遠い国で自分に何ができるかトコトン挑戦してみたい!」 そんな大学生の皆さんにぜひオススメしたいのが、私たちe-Educationの海外インターンプログラムであり、現在5カ国で教育改革を起こしていく仲間を探しています! この記事では、そんな海外5カ国で様々な挑戦をしている海外インターンメンバーから、これから応募を検討している方々へ向けたビデオメッセージが届きましたので、ひとつひとつご紹介します! »つづきをよむ

7か月で変わったのはたった数人の生徒の昼休み。それでも私は小さな変化を積み重ねていきます(e-Educationネパール担当・中尾知美)

14947786_914134325384941_2759374082683340486_n
ナマステ!e-Educationネパールプロジェクト担当の中尾知美です。 現在e-Educationは、アジア5カ国での海外インターン生を募集しています。 今回は私が担当するネパールプロジェクトのやりがいと、ネパールで活動する私の思いをお伝えします。 »つづきをよむ

【新年のご挨拶】e-Education代表・三輪から大事なお知らせ

happy_new_year2017.png
新年明けましておめでとうございます。 昨年はトジョウエンジンをご覧いただき、そして運営団体であるe-Educationを応援いただき、誠にありがとうございます。 皆様のおかげさまで、日本人職員は現在5人に、海外の有給スタッフや大学生インターンを含めると40名規模の組織になりました。これまで教育支援をしてきた途上国の子どもたちは1万人を超え、「最高の授業を世界の果てまで届ける」というミッションが確かな目標へと変わって来ました。 しかし、昨年は大きな壁を感じた1年でもありました。私たちの活動地であるバングラデシュで悲しいテロ事件が起こり、これから何をすべきなのか悩みました。 今回は、そんな昨年を踏まえて、皆様への感謝と今年の新しい挑戦に向けた、新年のご挨拶をお伝えします。 »つづきをよむ
 
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
e-Educationのニュースレターに登録する!
ページトップ
© 2018 e-Education. | Website Created by Tane
© 2018 e-Education.
Website Created by Tane
トジョウエンジン ホーム ページの先頭へ