とじる
メニューをとじる
カテゴリで探す
国(地域)で探す※50音順
メニューをとじる
 

SPONSERD LINK

日本を代表する国際協力NGOを目指し共に挑戦する仲間を募集します!
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
トジョウエンジンとは

トジョウエンジンとは

e-Educationがお送りするWebマガジンです。途上国で奮闘する日本人のストーリー、社会を変えるグッド・アイデアを毎日お届けします。

更新情報を受け取るには?

更新情報を受け取るには

RSS登録するかFacebookページを「いいね!」すると、ブログの更新情報を簡単に確認できます。

【お申し込みフォーム】セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで途上国に最高の授業を届けよう!
07/19

相次ぐNPO経営者の退任はピンチなのか?それともチャンスなのか?

yes_it_is_chance.jpg
気がつけば今年も半分以上が過ぎました。みなさんにとって、今年はどんな変化がありましたでしょうか? 私自身はというと、NPO法人e-Educationの代表という立場は変わっていませんが、生活の拠点を海外に移すという大きな変化がありました。 そしてもう少し範囲を広げて、私のまわり、NGO/NPOという業界全体に目を向けてみると、経営者の退任・キャリアシフトが相次いでいます。 果たして、このような状況はピンチなんでしょうか?それともチャンスなんでしょうか? »つづきをよむ
07/07

国際協力の歴史を変える!私たちe-Educationが中高生×映像教育支援にこだわる理由

change_the_history.jpg
「君は、人類史をどう変えたい?」 これは私が社会人1年目の夏に、上司から与えられた課題です。突然の、そしてあまりに大きな質問に困惑し、しばらく考える時間をもらいました。 「人類史を変える」と言われて、ピンとくる人は少ないでしょう。そもそも歴史を変えるとはどういうことなのか?一体誰の、どんな行為が歴史を変えたんでしょうか? 結局、前職を退職するまで質問の意図すら曖昧に理解したままでしたが、今e-Educationの活動を続けている中で、質問の輪郭と、それに対する暫定的な答えを持てるようになりました。 「中高生×映像教育支援で、国際協力の歴史を変える」 今回の記事では、私たちe-Educationが中高生×映像教育支援にこだわる理由についてご紹介したいと思います。 »つづきをよむ
06/21

誰をバスに乗せるか。最初に人を選び、その後に目標を選ぶことの大切さ。

bus_with_first
「だれをバスに乗せるか」 このフレーズを聞いて、ピンときた方はきっとこちらの本を読んだことがあるのではないでしょうか? 『ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則』 経営コンサルタントのジム・コリンズが書かれたベストセラー本。3M、GE、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ソニー、ウォルト・ディズニーなど、世界を牽引する企業がなぜトップを走り続けることができるのか。いわゆる経営本とは異なる切り口で分析・解説されていて、ハッとする学びがたくさんありました。 その中でも特に驚いたのが「だれをバスに乗せるか(最初に人を選び、その後に目標を選ぶこと)」というフレーズ。思わず「本当かな?」と疑ってしまいましたが、NPOの経営者となった今、この言葉の重みを強く感じています。 今回は私がe-Educationの活動を始めてから今まで経験して来たことを通じて、バスに乗る人を決めることがどれほど大事なことかご紹介させてください。 »つづきをよむ
06/08

国際協力の定石は、きっと若者たちによって覆されていく

beyond_jouseki
最近、ワクワクするニュースがありました。天才中学生棋士、藤井四段の快進撃です。 史上最年少の将棋プロ棋士としてデビューして以来、公式戦で一度も負けていない藤井さん。連勝記録はどんどん更新され、ついに23連勝。あの羽生善治三冠を上回って歴代3位の記録となり、勢いが止まりません。 私は将棋のプロではありません。それでもこんなにワクワクするのは、きっと自分の仕事の将来が、国際協力の未来が、藤井四段の快進撃と重なって見えるからだと思います。 「国際協力の定石は、きっと若者たちによって覆されていく」 この記事では、私がこれまで信じてきた国際協力の未来と、若者の可能性についてお伝えできればと思います。 »つづきをよむ
05/26

心を動かすプレゼンテーションをするために参考にした動画33選(日本人・日本語)

presen_icc_movie33
「今度のプレゼンで絶対成功したい」 そう思ったとき、あなたなら何をしますか? 実践が大事だとよく言われますが、そうは言ってもプレゼンする機会は中々あるものではありません。 一方で、今すぐ、この記事を読んだ後すぐに、どなたでもできることがあります。 「素晴らしいプレゼンを見て、徹底的に学ぶ」 本を読むよりも深い学びがあり、プレゼンの練習をするよりも簡単に、誰でもすぐに始められます。 今回は、私がよく見返しているプレゼンテーションの中から、ぜひオススメしたい動画をご紹介します。 »つづきをよむ
05/21

大切な仲間が応援してくれるから、私は好きな場所で好きなことに挑戦してきます(三輪開人)

miwa_reason_nakama_eye
みなさん、こんにちは。e-Educationの三輪です。 今年のお正月、「新年のご挨拶」という記事でもお伝えした通り、今年からバングラデシュを拠点に活動することを決め、先週日本を出発しました。 今回は、私がなぜこのような決断をしたのか、その理由や経緯についてご紹介させてください。 »つづきをよむ
04/20

国際協力×地方創生の可能性。途上国の若者たちが、日本の地方を盛り上げる日を信じて。

inspire0422.jpeg

4/22(土)「国際協力×地方創生」のイベントに登壇します!

みなさん、こんにちは。e-Education代表の三輪です。高校まで日本の地方で育ち、今は国際協力の仕事をしています。 日本の地方で18年間暮らし、国際協力に携わって8年近く経ちますが、最近、国際協力×地方創生の可能性を強く感じるようになりました。 今回は、私がこう考えるようになった経緯についてお伝えできればと思います。 »つづきをよむ
04/13

心を動かすプレゼンテーションをするために実践してきたこと

presentation_icc_eye

ICCカタパルト・グランプリに登壇しました(出展:INDUSTRY CO-CREATION

みなさん、プレゼンやスピーチは得意でしょうか? 私は苦手でした。 中学生の頃、全校生徒の前でスピーチする機会があったのですが、あまりの緊張で声が震え、途中で頭が真っ白になり、言葉が途切れてしまったことがありました。 わずか数秒の沈黙だったと思いますが、あれほど長いと思った時間はありません。急に静まる講堂と、心配そうに私を見つめる生徒たちの顔は、その後何度も夢に出てきました。それはもう、悪夢です。 「もっと話すのが上手くなりたい」 そんな体験、みなさんにもありませんか? »つづきをよむ
04/05

やりたいから、やらなきゃへ。今、私たちが「途上国のイメージを豊かにする」メディアをリスタートする理由

tojo_engine_restart.jpg
お久しぶりです。トジョウエンジンの運営団体であるe-Education代表の三輪です。 突然ですが、この写真はいつ、どこで撮影したものでしょう? 答えはこの後すぐにお伝えしますが、この写真を見て、普段とは違う自分の笑顔を見て、私はトジョウエンジンをリスタートさせることを決めました。 「途上国のイメージを豊かにする」メディアをなぜ今盛り上げたいのか、盛り上げなければいけないのか、今日はそんなお話をさせてください。 »つづきをよむ
07/04

今できることを、ひとつずつ、一歩ずつ。バングラデシュのテロ事件現場近くにいて考えたこと。

promise_in_bangladesh.png
「開人、今どこにいる!?」 「ホテルにいるなら絶対外に出るな!絶対だぞ!!」 7月1日の夜、バングラデシュの友人から突然電話がありました。彼は震えた声で話を続けます。 私の宿泊先からそう遠くないレストランでテロ事件があったこと。犯人たちは爆弾や銃を持っており人質を取って立てこもったこと。外国人を狙った事件である可能性が高く、絶対ホテルから外に出るべきではないこと。 衝撃の出来事でした。私は彼の指示に従い、翌日も翌々日もホテルから出ませんでした。そしてテロ発生から4日目となる本日も、まだ同じホテルにいます。 テロ事件の現場近くで過ごした3日間。この3日間で思ったことや考えたことを忘れないために、この記事にまとめます。 »つづきをよむ
 
日本を代表する国際協力NGOを目指し共に挑戦する仲間を募集します!
【お申し込みフォーム】セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで途上国に最高の授業を届けよう!
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
ページトップ
© 2017 e-Education. | Website Created by Tane
© 2017 e-Education.
Website Created by Tane
トジョウエンジン ホーム ページの先頭へ