とじる
メニューをとじる
カテゴリで探す
国(地域)で探す※50音順
メニューをとじる
 

SPONSERD LINK

【お申し込みフォーム】セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで途上国に最高の授業を届けよう!
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
トジョウエンジンとは

トジョウエンジンとは

e-Educationがお送りするWebマガジンです。途上国で奮闘する日本人のストーリー、社会を変えるグッド・アイデアを毎日お届けします。

更新情報を受け取るには?

更新情報を受け取るには

RSS登録するかFacebookページを「いいね!」すると、ブログの更新情報を簡単に確認できます。

寄付で教育を届けるオンライン寄付イベント!
04/24

息子が生まれた翌月に会社を辞めてまで、私が途上国支援にこだわる理由(吉川雄介)

yoshikawa_eye
みなさんこんにちは、e-Educationの吉川です。 春を迎え、新たにやりたいことや挑戦したいことが見つかった方もいるのではないでしょうか。一方、やりたいことが見つかっても、なかなか行動に移せない、と感じることはありませんか? 私は、結婚して息子が生まれたその翌月に会社を辞め、そこからNPOのフィールドで途上国の教育支援に携わっています。なぜそこまでして途上国支援にこだわるのか、この記事ではその理由をお伝えします。 »つづきをよむ
04/20

国際協力×地方創生の可能性。途上国の若者たちが、日本の地方を盛り上げる日を信じて。

inspire0422.jpeg

4/22(土)「国際協力×地方創生」のイベントに登壇します!

みなさん、こんにちは。e-Education代表の三輪です。高校まで日本の地方で育ち、今は国際協力の仕事をしています。 日本の地方で18年間暮らし、国際協力に携わって8年近く経ちますが、最近、国際協力×地方創生の可能性を強く感じるようになりました。 今回は、私がこう考えるようになった経緯についてお伝えできればと思います。 »つづきをよむ
04/17

胸張って自分を誇れる男になるために。僕がミャンマーへ教育を届ける理由 (中央大学4年・佐々翔太郎)

IMG_0113
みなさんこんにちは!最初からやかましい写真をすみません! 2017年4月から1年間、e-Educationミャンマープロジェクトを担当いたします中央大学法学部4年の佐々翔太郎と申します。今回はなぜ僕が1年間ミャンマーに行こうと思ったのかをお話しさせて頂きます! »つづきをよむ
04/14

人前で話すのが苦手な僕が、英語を武器に「あの子」の夢を応援し続けるまでの道のり(古波津大地)

kohatsu.interview2
みなさん、こんにちは。e-Education海外事業担当職員の古波津 大地(こはつ たいち)です。 大学を卒業してから、最初は商社マンとして、今はNPO職員として世界各地で仕事をしていますが、中学生になるまでは恥ずかしがり屋で、人前で話すのがすごく苦手でした。 今日はそんな僕がどうやって変わったのか、e-Educationにどうして飛び込もうと思ったのか、ぜひご紹介させてください。 »つづきをよむ
04/13

心を動かすプレゼンテーションをするために実践してきたこと

presentation_icc_eye

ICCカタパルト・グランプリに登壇しました(出展:INDUSTRY CO-CREATION

みなさん、プレゼンやスピーチは得意でしょうか? 私は苦手でした。 中学生の頃、全校生徒の前でスピーチする機会があったのですが、あまりの緊張で声が震え、途中で頭が真っ白になり、言葉が途切れてしまったことがありました。 わずか数秒の沈黙だったと思いますが、あれほど長いと思った時間はありません。急に静まる講堂と、心配そうに私を見つめる生徒たちの顔は、その後何度も夢に出てきました。それはもう、悪夢です。 「もっと話すのが上手くなりたい」 そんな体験、みなさんにもありませんか? »つづきをよむ
04/10

「自信のない自分とサヨナラしたい」フツウの大学生の私が、ラオスで一年間挑戦する理由――竹下友梨(法政大学4年)

myanmar_yuri
こんにちは、4月からe-Educationラオスプロジェクト担当になりました、竹下友梨です。 これまであまり自信を持てず悩み続けたフツウの大学生の私が、アジアの発展途上国であるラオスで1年間の挑戦を決意するまでについてお話しさせてください。 »つづきをよむ
04/07

恋する気持ちを原動力に! 青年海外協力隊を通じて見つけた「温かい繋がり」を世界中に広げるために、私はe-Educationで挑戦します。

IMG_1591
みなさん、はじめまして。e-Edicationの椎木睦美(しいぎむつみ)です。この4月から団体初となる女性職員としてe-Educationに入りました。 さて、いきなりですが、皆さんに質問があります。 みなさん、今「恋」をしていますか? なぜ突然この質問なのかとびっくりされる方もいるかもしれませんが、私は「恋」する気持ちを原動力に、国際協力の道を歩もうと決めました。 今日は、そんな私の「恋」した話と、これからの「恋」についてお話しさせてください。 »つづきをよむ
04/05

やりたいから、やらなきゃへ。今、私たちが「途上国のイメージを豊かにする」メディアをリスタートする理由

tojo_engine_restart.jpg
お久しぶりです。トジョウエンジンの運営団体であるe-Education代表の三輪です。 突然ですが、この写真はいつ、どこで撮影したものでしょう? 答えはこの後すぐにお伝えしますが、この写真を見て、普段とは違う自分の笑顔を見て、私はトジョウエンジンをリスタートさせることを決めました。 「途上国のイメージを豊かにする」メディアをなぜ今盛り上げたいのか、盛り上げなければいけないのか、今日はそんなお話をさせてください。 »つづきをよむ

海外インターン生が語る!ネパールフィールドワークの魅力とは?【募集期間延長!3月4日申込〆切】

with_kids
みなさん、ナマステ! e-Educationネパールプロジェクト担当の中尾知美です。 現在e-Educationは、3月11日から3月17日にかけて行われる約1週間のネパールフィールドワークの参加者を募集しています。私はネパールに滞在してもうすぐ1年経ちますが、今回、みなさんに少しでもネパールの魅力をお届け出来たらと思っています! プログラム募集要項はこちら » 申し込みフォームはこちら » »つづきをよむ
01/25

【募集期間延長!3月4日(土)申込〆切】待望の第二弾!e-Educationネパールフィールドワーク ’17を開催します【3月11日〜17日】

nepal_field_work2017
こんにちは。e-Education海外事業統括の吉川です。 私たちは、「世界の果てまで最高の授業を届けよう」というミッションのもと、映像授業によって一人でも多くの子どもたちが最高の授業で学ぶことができるように活動を行っています。現在はアジア6カ国において、現地メンバーや多くの協力者とともに、日々課題解決に向けて取り組んでいます。 今回は、実際に活動地を訪れ、教育課題の実態を調査したり、映像授業が活用されている学校を一緒に見て回るフィールドワークを企画いたしました。対象国はネパールで、e-Educationの事業の中ではもっとも新しいプロジェクトです。 途上国の現場を見てみたい、教育支援のNGOがどのように活動しているのか学びたいといったみなさんとともに、現地で充実した活動ができればと思っています。 同じ志や問題意識を持った素敵な仲間との出会いもフィールドワークの醍醐味です。みなさんのご参加、心よりお待ちしております! フィールドワークに申し込む » »つづきをよむ
 
【お申し込みフォーム】セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで途上国に最高の授業を届けよう!
寄付で教育を届けるオンライン寄付イベント!
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
ページトップ
© 2017 e-Education. | Website Created by Tane
© 2017 e-Education.
Website Created by Tane
トジョウエンジン ホーム ページの先頭へ