ハウスキーパーの女の子_ルンビア中学

親戚の家で勉強を諦めない女の子

親からも、親戚からも、身元の押し付け合いに・・

Q.兄弟やお父さんお母さんはいる?

11人兄弟で、私は一番下の末っ子よ。
 
でも、一番下だからお父さんもお母さんもこれ以上養えない、って困っていて、親戚の家に引き渡さないといけなかったみたいなの。

だから今は親戚の家で住ませてもらいながらハウスキーピング(家政婦)をしてるの。
 
後からお父さんお母さんに聞いたんだけど、親戚も暮らしに余裕があった訳じゃないから、実は引き取るのが嫌だったみたい。

私は食事と寝床と給料をもらえる代わりに、親戚の赤ちゃんのベビーシッターとハウスキーピングをすることになったの。

1か月の給料はたったの1,100ペソ(約2,200円)よ・・

少ないお給料から、学校に通うためのお金を捻出

Q.毎日どんな暮らしをしているの?

月曜から日曜まで毎日朝3時に起きて、夜は8時まで仕事をしてるわ。

土曜日だけはオープンハイスクール(さまざまな事情によって平日の学校に通えない生徒が週末に通う教室)に来てるけど、今日も学校に来る前は仕事をしてた。
 
月に1,100ペソもらってるけど、ただ、そこから学校に通う交通費と、ペンを買う費用も出さないといけないの。

学校までの往復の交通費が20ペソ(約40円)くらいだから、お金も正直厳しいわ。

でも、e-Educationのスタッフの皆さんも、オープンハイスクールの先生たちも、みんな私のことを応援してくれるから、それが今の心の支えになってる。

将来は先生になりたいし、夢を叶えるためには勉強をしないとって分かってるから頑張ってるの。

ジェーンのように、夢に向かってがんばる子どもを応援してもらえませんか?

e-Educationでは「最高の授業を世界の果てまで届ける」を使命に、フィリピンをはじめ、途上国で継続的に教育支援を行っています。

もし「ジェーンのような子どもが安心して学校に通えるように、私にできることから始めたい!」と思ってくださったなら、e-Educationを寄付で応援していただけませんか?

途上国の子どもたちを寄付で応援 »