山川さまリサイズ

課題解決に立ち向かっていってく若者たちの背中を支え続けたい


バングラデシュでの出会い

Q. e-Educationと会ったきっかけは何ですか?

もともと国際協力や途上国に関心があり、数年前にマイクロファイナンスを学びにバングラデシュに行ったんです。

そこでe-Educationの存在を知り、貧しい環境の子供たちに教育を提供している活動に関心を持ちました。

「課題を解決したい」という想い

Q. e-Educationとご自身の想いとの共感点はどこにあるのでしょうか?

私自身、社会問題や団体が抱える課題を解決していきたいという想いがあります。e-Educationの皆さんはまさに、現場に行って、自分たちで課題を見つけ、解決手段を考えながら動いています。

若い彼等がその力を身に着けていく過程はとても大事だと思いますし、それにより課題が解決されていく様子を見て、応援したいと感じます。

若者だからこそ応援しています

Q. e-Educationにどのようなことを期待されますでしょうか?

やはり、教育課題の解決に若者が挑戦している、というところが今のe-Educationらしさでもあるのかなと思います。

その若者が創り出した事業がしっかりと継続していくよう、今後も活動を続けていってほしいと思います。引続き活動を応援していきます!