Shafi_1000x399

良い教育が良い社会をつくる

月収はたったの1,000円、持っている服は一着のみ

Q.家庭環境を教えてください。

私はバングラデシュのチャンドプール村という貧しい農村の出身です。
実家は農家で、毎月の収入は1,000円ほどしかありません。
父は長く病床に臥していて、生活は厳しくなる一方です。

私は長男で、弟や妹もたくさんいます。
しかし、お金がないので、みんな着る服は一着しか持っていません。
自分の学費を稼ぐために、毎日夜遅くまで、アルバイトを続けました。
バイト先でも、生まれが貧しいことを理由に、さまざまな嫌がらせを受けました。

進学を諦めて、実家の農業を手伝おうとすると、父に止められました。
「私のようになってはいけない、お前は良い大学に行くんだ」
農家として生計を立てる難しさを知っていた父は、亡くなる直前まで進学を勧め続けてくれました。

e-Educationが私のマインドを変えてくれた

Q.Shafiにとってe-Educationの良いところはどんなところですか?

e-Educationは授業が良いです。
教育システムはもちろんなのですが、私のマインドや考え方まで変えてくれました。

私が「良い大学に進学したい!」と思い立ったのも、優秀な先生から教わりたかったからです。
優秀な先生の下で勉強することができれば、社会や政治を変えられる力が付くと思いました。

バングラデシュをもっと良い社会にしていくためには、良い教育を受けることが不可欠だと考えています。
だからこそ、バングラデシュ中の子どもたちが良い教育にアクセスできるようにしたいです。
e-Educationと協働できれば、それは不可能ではないと感じています。

Shafiのように夢に向かってがんばる人を応援して頂けませんか?

e-Educationは、バングラデシュを始めとする、さまざまな途上国で目標を持って努力している生徒たちに教育支援を届けています。
あなたの寄付で、Shafiのように、夢に向かって努力している生徒たちに勉強する機会を提供することができます。

「途上国に生まれた子どもであっても、教育を受ける権利は平等であってほしい」
「e-Educationが提供している授業で、貧困の連鎖を止める一助にしてほしい」

そんな風に感じていただけた方は、ぜひe-Educationへの寄付をご検討ください。

途上国の子どもたちを寄付で応援 »