とじる
メニューをとじる
カテゴリで探す
国(地域)で探す※50音順
メニューをとじる
 

SPONSORED LINK

【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
トジョウエンジンとは

トジョウエンジンとは

e-Educationがお送りするWebマガジンです。途上国で奮闘する日本人のストーリー、社会を変えるグッド・アイデアを毎日お届けします。

更新情報を受け取るには?

更新情報を受け取るには

RSS登録するかFacebookページを「いいね!」すると、ブログの更新情報を簡単に確認できます。


創立10周年記念イベントに参加する
03/14

2020年までに西アフリカでも通貨統合ーーその目的とは?

東アフリカが通貨同盟を考えている、ということは、以前ご紹介しました。西アフリカも、国際機関などと積極的に国同士の関わり合いを増やすカンファレンスが開かれています。 そんな中、昨年末のECOWAS(西アフリカ諸国経済共同体)のサミットで、2020年までに西アフリカでも通貨統合を目指していくことが発表されました。 »つづきをよむ
03/10

アフリカ諸国の”エネルギー貧困”を可視化した4枚のグラフ

約10億人アフリカの人口のうち、6割は電気などのエネルギー無しの生活を強いられています。これは安全な調理、冷蔵庫、デスクライトなど様々な生活に支障をもたらします。 そこで、アフリカのエネルギー不足をまとめ、将来を示した4枚のグラフをご紹介します。 »つづきをよむ
03/09

「アフリカで使えれば、世界中で使える」ーー夢のようなインターネットルーター「BRCK」が登場

いま皆さんの手元にあるインターネットルーターが、世界中どこでも使えたら便利だと思いませんか? ケープタウンで行われたデザインカンファレンスにおいて、ケニアのテクノロジーカンパニー「Ushahidi(ウシャヒディ)」が、そんな夢のようなインターネットルーター"BRCK"を発表しました。 »つづきをよむ
03/06

最長で34年! アフリカの大統領たちが政権を握った年数と同時期の平均寿命の延び率をグラフ化

アフリカの多くの国では、政府のトップの政策が、大きく一国の経済や文化を左右することが多々あります。 この記事では、一番長く政権を担ったアフリカのリーダーたちと、同時期の経済成長率と平均寿命の増年数を比べたグラフをご紹介します。 »つづきをよむ
03/05

途上国のテクノロジーはここまで進んだ! アフリカ発の画期的なプロダクト7選

途上国で活躍する画期的プロダクトやサービスは、先進国発のものが多いです。しかし近年、"メイド・イン・アフリカ"のイノベーションにも注目が集まってきました。 大きな若年層が、日々世界を変えるアイデアを開発しています。この記事では7つのアフリカ発のプロダクトをご紹介します。 »つづきをよむ
03/04

74%の企業が政府の”支援強化”を要望! JETRO「在アフリカ進出日系企業実態調査」

Photo: NExsT Digital

トジョウエンジンでは、以前から日本企業のアフリカ進出に関する記事をご紹介してきました。 昨年、JETRO(日本貿易振興会)が在アフリカ日系企業168社に実態調査を行いました。 »つづきをよむ
02/21

サブサハラアフリカのベンチャー企業を支援! スタンダード・チャータード銀行、2014年は最大2.5億ドルを投資へ

Photo TopNews

日に日に高まるアフリカ市場への期待。経済成長に伴い、2020年までに個人消費は2倍に増えるとも言われています。 そんな中、英国のスタンダード・チャータード銀行が、2014年はアフリカに1.5~2.5億ドル(約255億円)ほどの投資をすることを発表しました。 »つづきをよむ
02/18

本当の新興国市場はどこか!? アフリカが今後最高のビジネス市場と化すことを示すたった一枚のグラフ

トジョウエンジンでは今まで、アフリカでのビジネスチャンスを多くご紹介してきました。 しかし実際のところ、"新興国市場"と言われて注目されるのは、中国やブラジルが多いです。この記事では、アフリカこそ今後一番可能性ある大陸である、ということを示す、一枚のグラフ(上記)をご紹介します。 »つづきをよむ
02/13

「アフリカはビジネスチャンスで溢れている」ーー元マッキンゼーのユービン・ナイドウ氏が分析するアフリカとは?

元マッキンゼーのコンサルタントEuvin Naidoo(ユービン・ナイドウ)氏は、私たちが持つアフリカの印象を一変させます。 「実際のデータや統計は現実の事象である」と語り、それらの事実はアフリカがビジネスチャンスに満ちた国であることを物語っているのです。 »つづきをよむ
02/09

ビッグデータによる貧困解決へ! IBM、アフリカへのスパコン「Watson」を導入決定

IBMが自身のスーパーコンピュータープラットフォーム「Watson」を、健康や教育など、アフリカが抱える問題の解決に活用することを発表しました。 »つづきをよむ
 
創立10周年記念イベントに参加する
ページトップ
© 2022 e-Education. | Website Created by Tane
© 2022 e-Education.
Website Created by Tane
トジョウエンジン ホーム ページの先頭へ