春季キャンペーン【Be A Chance Maker~途上国の子どもたちに教育というチャンスを~】が始まります!

Be A Chance Maker

桜が咲くまでに途上国の250人の子どもたちに最高の授業を!

e-Educationは、3月に春季キャンペーン「Be A Chance Maker~途上国の子どもたちに教育というチャンスを~」を実施します。

“Be A Chance Maker”という名前には、「誰もが途上国の子どもたちの可能性を切り開く教育(チャンス)を届けるチャンスメーカーになれる」、そんな想いが込められています。

より多くの人にちょっとしたアクションを起こしてもらい、途上国の学習機会に恵まれない子どもたちの夢を“みんなで応援する”ムーブメントを作っていきたいと願っています。

世界では、中学校学齢期にあたる12~14歳の子供のうち6人に1人(約6000万人)は小学校にも中学校にも通っていないと言われています。さらに、高等学校学齢期にあたる15~17歳の子どものうち3人に1人(1億4000万人)は小学校にも中学校にも通っていないと言われています。
※出展”Reducing global poverty through universal primary and secondary education”より引用

“学習機会に恵まれない途上国の子どもたちの夢を最高の授業で応援する”e-Educationを通して、2000円で1人の子どもが映像授業を受けることができます。

Be A Chance Makerでは、プロジェクトを立ち上げて、寄付を呼びかけることができます。
あなたのアイデアで、仲間をつくり、途上国の子どもの夢を支援できます。
ひとりではできないことも、最高の仲間とならきっとできる。
ぜひこの機会に、世界を変えるチャンスメーカーになっていただけませんか?

キャンペーン詳細

キャンペーンページ

キャンペーンページはこちら

キャンペーン期間

3月1日(金)~3月31日(日)までの1か月間

目標

ひとりひとりの仲間の力を結集して50万円の寄付を集めて、バングラデシュ、フィリピン、ミャンマー、ネパール4か国の250人の子どもたちに、最高の先生の授業を映像で届けることです。

キャンペーンを応援するには

①寄付をする
寄付をする

e-Educationは特例認定NPO法人です。みなさまからのご寄付は寄付金控除の対象となり、最大で寄付金の約40%の金額が確定申告により皆さまのもとに還付されます。

②個人またはチームでファンドレイジング
個人またはチームでファンドレイジング

ファンドレイジングのアイデア例

ファンドレイズのアクションをしてみようかなと思った方へ

“ファンドレイジングをしてみたい”と思われた方は、こちらのFacebookグループにもぜひご参加ください!
※ボランティアの方や仲間がファンドレイジングをサポートします♪

なお、2019/3/1時点で、イベントチーム、登山チーム、英会話チーム、ランニングチーム、断捨離チームなどが発足しています。
これらのチーム参加にご興味がある方は、件名を下記のようにご記入の上、本文をお書きいただき、info[at]eedu.jpまでご連絡をお願い致します
※[at]は@に変換して下さい。

件名:【Be A Chance Maker】【チームでファンドレイジング】[お名前(フルネーム)]

代表 三輪開人からのメッセージ

小さな寄付が作る未来とは?

Be A Chance Makerの最新情報を受け取る

Facebookをフォロー
Twitterをフォロー
ニュースレターを登録する

世界を変えるチャンスメーカーになる »