イベント

【6/22(土)14時~開催】4万人の先生不足。途上国の教育格差に挑むNGO 〜e-Education活動報告会’19〜

「途上国の教育格差の実態はどうなっているんだろう」 「国際協力系のNPO・NGOのリアルが知りたい」 「社会問題に対して私にできることって何があるのかな」 「e-Educationって実際現地でどんな取り組みをしているの?」

6月22日(土)14時からe-Education活動報告会’19を開催します!


昨年度の活動実績をお伝えするため、年に一度開催している大イベント。 今年もその季節がやってきました!


e-Educationの活動報告会は、報告会という枠に収まらず、
現在活動を行っている4ヶ国のリアルな教育課題、国際協力をするNPO・NGOのリアル、e-Educationはそもそもどのような団体なのか、社会人としてNPOで働くこと、学生インターンによって語られる実際の現場など、 この日のために各地から集結したメンバーが余すことなくみなさんにお伝えします!

実施詳細

■日時

2019年6月22日(土)
14時00分〜17時00分(13時30分開場)


■場所

JICA地球ひろば セミナールーム600室
最寄駅:市ヶ谷駅より徒歩10分



■定員/参加費

・定員:100名
・参加費:一般 500円 / 大学生以下無料
※当日、会場でのお支払いをお願いします。
※学生の方は、当日受付にて学生証をご提示ください。


活動報告会'19に参加する

※お申し込みが定員に達し次第、受付を終了させていただきますのでお早めのお申し込みをお願い致します。

見どころ紹介

日々、国際協力の最前線で活動するe-Educationのメンバーたちが登壇し、オンラインでは伝えきれない“生”の声をお届け!


活動報告の幅を超え、盛りだくさんの内容がつまった報告会の見どころを3つに絞ってお伝えします!

1.活動国4ヶ国それぞれの教育課題のリアルが知れる!

現在、バングラデシュ、ミャンマー、フィリピン、ネパールの4カ国で活動を展開しています。
国が違えば、制度、環境、抱える教育課題が異なり、それらを日本にいながら知ることはなかなか難しいのではないでしょうか。
報告会では、現場に立っている者だからこそ伝えられるリアルな教育課題と、現地に根ざした活動内容をお伝えします!


2.代表の三輪をはじめとする、多様な職員たちが大集結!

e-Educationを立ち上げたメンバーのうちのひとりであり、バングラデシュに駐在し最前線で活動している三輪が、この報告会のために帰国します!


また、e-Educationには商社、IT、製薬、教育など様々なバックグラウンドをもつ個性あふれる職員たちがいます! 今春新たにNGOからの転職で加わった新職員も参加します。


3.現地で活動し最前線で経験を積んだ海外インターン生も集合!

e-Educationは学生が1年間駐在スタッフとして渡航します。今回は、休学してフィリピンに飛び出したインターン生自ら、現場のリアルを語ります。OGOBも大集合します!

詳細を見る


年次報告会は、e-Educationのイベントの中でも非常に大きなイベントです!
初めて知る方にも、今まで応援してくださっている方にも新しい発見や学びがあると思います。


「途上国の教育問題に興味がある方」
「実際にNGOで働く人の話を聞きたい方」
「社会課題に対して関わり方を模索している方」


など、様々な興味関心をお持ちのみなさんのご参加を,、e-Educationスタッフ一同心よりお待ちしております!

活動報告会'19に参加する

最新のお知らせ

  • 【新職員採用】寄付者を募るデジタルマーケターを募集します【3/28(日)〆切】
    採用情報

    【新職員採用】寄付者を募るデジタルマーケターを募集します【3...

  • 年末年始休業のお知らせ
    お知らせ

    e-Educationでは年末年始の休業日につきまして、下記...

  • 【受付終了】e-Educationオンライン活動報告会2020のご案内
    イベント

    【受付終了】e-Educationオンライン活動報告会202...

  • 【満員御礼!受付終了】出版記念特別オンラインセミナー〜共感時代の新しい話し方〜
    お知らせ

    【満員御礼!受付終了】出版記念特別オンラインセミナー〜共感時...

  • 【職員紹介】初めての新卒メンバー、松原がe-Educationへの入社を決めた理由(わけ)
    現地情報

    【職員紹介】初めての新卒メンバー、松原がe-Educatio...

最高の教育を
世界の果てまで

すべての子どもたちが当たり前の
ように教育を受けられるために、
e-Educationを応援してくれる方を
探しています。

マンスリー
サポーターになる
ページトップ