お知らせ

2022年ご寄付分に関する控除と領収書についてのご案内

いつもe-Educationの活動へのご理解と、温かいご支援をいただき、誠にありがとうございます。 

皆さまからいただいたご寄付は、2022年も現場の課題分析や映像教材の制作をはじめ、バングラデシュ・フィリピン・ミャンマー・ネパールの若者の可能性を広げる活動金として、大切に使わせていただいています。

2022年ご寄付分の控除について

「認定NPO法人」であるe-Educationへのご寄付は、税制上の優遇の対象(寄付金控除)となります。

個人の方は、所得税の控除について、「所得控除」と「税額控除」のどちらか有利な方を選択し、所得税の控除を受けられます。どちらも確定申告が必要です。

「税額控除」を選択した場合には、年間の寄付金額から2,000円を引いた額の40%が所得税額から控除されます。

2022年ご寄付分の控除について

尚、東京都にお住いの方は、最大約40%の所得税控除に加えて、住民税控除を合わせると、最大約50%の金額が確定申告により皆さまの元に還付されます。

※年間所得の40%の寄付が控除の限度です。
※所得税額の25%を限度として控除が認められます。

 

詳しくは以下のURLをご覧ください。   
個人が認定NPO法人に寄付した場合   
法人が認定NPO法人に寄付した場合

2022年ご寄付分の領収書について

認定NPO法人では領収書の発行ができるのは、団体へ寄付した時点ではなく入金が確認できた時点となるため、クレジットカード等の決済日ではなく、決済代行会社あるいはカード会社からe-Educationに入金された日となります。
(銀行での振込日・口座での振替え日なども同様に、入金された日が基準となります)

領収書の金額は、認定NPO法人に認定された2022年1月1日から2022年12月31日までに実際に領収確認した寄付金の合計額です。

確定申告時には、e-Educationの領収書を添付し税務署にご提出ください。

2022年1月1日から2022年12月31日までに入金いただいた寄付金についての領収書は、2023年1月末より、寄付者の皆さまへ順次郵送してまいります。

確定申告(2023年2月16日〜3月15日)に間に合うように、お送りしますので、ご安心ください。

※年末調整ではございませんのでお気を付けください。

 

住所に変更があった方は、こちらのフォームへご入力ください。

宛先住所が不明で届かなかった場合などは、再送により時間がかかりますのでご了承ください。また、領収書に記載された住所は古い住所でも確定申告はできます。

皆さまのご支援のおかげで、未来を切り開こうとしている世界の子どもたちに、映像授業をはじめとした学びの機会を届けることができています。

いつもご支援いただいておりますこと、改めて深く御礼申し上げます。

これからもどうぞお力添えをよろしくお願い申し上げます。

最新のお知らせ

  • 【インタビュー】「私だけが高校に通っている」ローズマリーさん
    現地情報

    【インタビュー】「私だけが高校に通っている」ローズマリーさん

  • 【採択】越境児童支援事業が日本財団に採択されました!
    お知らせ

    【採択】越境児童支援事業が日本財団に採択されました!

  • NPO・NGOでの働き方「e-Educationキャリア説明会」7/24(水)
    イベント

    NPO・NGOでの働き方「e-Educationキャリア説明...

  • 日本にいる外国にルーツを持つ子どもの孤立・学び遅れをなくす「e-Education活動説明会(特別編)」7/10(水)
    イベント

    日本にいる外国にルーツを持つ子どもの孤立・学び遅れをなくす「...

  • 【インタビュー】父の死を乗り越え、夢に向かって努力する少女
    現地情報

    日本では当たり前の、「すべての国民は健康で文化的な最低限度の...

最高の教育を
世界の果てまで

すべての子どもたちが当たり前の
ように教育を受けられるために、
e-Educationを応援してくれる方を
探しています。

マンスリー
サポーターになる
ページトップ