採用情報

【フィリピン(カガヤンデオロ市)インターン】プロジェクト紹介&応募要項(2023年度冬採用)

フィリピンは、著しい経済成長にともない格差が拡大しつつあり、選択肢が拡大する富裕層と対照的に経済的な事情を理由に学校をドロップアウトしてしまう生徒が多くいます。

早期出産の問題もあり、貧困の再生産が起こってしまっています。



フィリピンの教育制度の中にはドロップアウトしてしまった生徒が修了を目指して通うオープンハイスクールプログラム(OHSP)があり、e-Educationはミンダナオ島・カガヤン・デ・オロ市教育局と連携してOHSPを始めとした逆境に立ち向かう子どもたちに「最高の教育」を届けるための活動を行っています。

また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、
2020年よりオンラインを活用して経済的に良質な教育にアクセスできない子どもたちに教育を届けるプログラムを通して教育格差の是正に挑戦しています。

フィリピンでは2015年より開始したK-12の施策により高校受験のニーズが高まってきたことを受けて、
高校受験支援も開始しています。

※現地大学生がOHSPの生徒へ勉強を教えるプロジェクトの様子

活動実績

フィリピンでは2013年より活動を開始し、カガヤン・デ・オロ市教育局、カミギン島教育局の信頼を得てパートナシップを構築してきました。

ドロップアウトした生徒が通うオープンハイスクールプログラム(OHSP)に対して、現地の先生方と共に映像教材を作成し、述べ1,500名以上の生徒に提供してきました。

複数の企業連携案件も展開し、より専門性の高い教育支援活動を行っています。

新型コロナウイルス感染症拡大を機に開始したカガヤン・デ・オロ市でのオンライン高校受験支援では、2022年に初めての受験が行われ、支援を受けた生徒の中から見事現地トップ公立高校に合格者を輩出することができました。

この結果は大きな喜びの声をもらうと同時に、さらなる活動の拡大に向けて準備することに繋がっています。

また、受験支援2年目となる昨年は、27名の受験生を支援し5名が志望校への合格を果たすことができ、支援の輪が着実に広がっています。

活動実績

※オンライン高校受験支援の様子

今後のプロジェクト計画

2023年度はミンダナオ島カガヤン・デ・オロ市では"最高の教育を届ける"を軸にオンライン授業を通じた高校受験支援を引き続き展開します。

現地パートナー企業や教育局との連携強化しながら受験支援の拡大をすることで、働きながら学校に通っている子どもたちや地方にむ良質な教育が届かない子どもたちに最高の教育を届けてまいります。

受験支援3年目となる本年度は、オンライン家庭教師の教材の充実
化、有償での家庭教師派遣サービスの立ち上げなど、ミンダナオの子どもたちに質の高い教育を広げるための新規事業を企画・実践していきます。

いずれの事業でも、生徒の将来の可能性を広げるだけでなく、地元の経済的に困窮している優秀な大学生たちが家庭教師として活躍できるwin-winな仕組みづくりを目指しています。

募集要項

募集期間 2023年11月1日()〜2023年12月8日(木)18:00まで

職種(採用人数) カントリースタッフ(1名)
対象 大学生・大学院生

活動国 フィリピン(カガヤンデオロ市)

活動期間 1年間※休学を原則とします(要相談)

活動開始予定時期 2024年9月〜
活動内容

・英語教育に関する市場調査(マーケット・現地ヒアリング等)

・教材作り(主に英語・数学・理科)
・新規事業のトライアル実践
・実際のプロダクト教材の効果検証

 

得られる経験やスキル

・行政や企業等を巻き込み、インパクトの大きいプロジェクト展開ができる力

・関係者を巻き込みながら事業を改善/推進するリーダーシップスキル
・様々なステークホルダーに事業を説明する交渉力
・社会課題に取り組む学生・社会人とのネットワーク
・英語添削事業のグローバル展開に挑戦する経験

求める人物像

【各国共通】

・e-Educationの理念や活動に原体験を持って共感していること
・途上国の社会課題解決に対して強い想い・情熱を持っていること
・想いと責任を持って困難があっても最後まで諦めないタフな人
・パートナーたちと信頼関係を築くためのコミュニケーション能力がある人
・約束を大切にし、一つ一つ確実にやり遂げることができる人
・成長中の組織の一員として常に自ら挑戦するマインドがある人
・英語でのコミュニケーションに不安がない人
(目安となる外部試験スコア)

-TOEIC 730点以上
-TOEFL iBT 79点以上
-IELTS 6.0以上

※あくまで参考値ですので、達していない場合でも面接でご相談ください。


【フィリピン(カガヤンデオロ市)インターン】

・立ち上げフェーズの事業において、途上国への支援だけではなく、途上国の若者の力を借りて、学校や教育委員会などの関係者と協働し、挑戦することに興味がある人


こんな方におすすめ

・教育事業を通して若者の未来に貢献したいと考えている人
・ソーシャルビジネスを通して途上国における社会課題の解決に挑戦したい人
・他国展開を視野に入れた事業モデル確立に挑戦したい人
・自分がやりたいことを大切にしながら、現地で必要なことに全力を注げる人
・忙しさの中から楽しさや意義を自ら見出だせる人

待遇

【固定額支給】
・活動支援金:毎月5万円x最大12ヶ月→(最大5万円(国により異なります))

・支度準備金:10万円

※他助成機関からの活動費支給を受けられる方は対象外です。


【実費支給】
・往復航空券代(1往復分)
・ビザ取得及び更新にかかる費用(手数料及び交通費実費込み)
・e-Educationが指定した宿泊施設の家賃
・海外旅行保険代
・国内研修費用(インターン合宿参加にかかる交通費および宿泊費)

※その他現地でプロジェクトを実施する上でかかる費用(長距離交通費、教材制作費、ワークショップ開催費など)は団体負担となります。

選考プロセス

①応募フォーム回答
②随時、弊団体から募集説明動画&書類選考課題を送付
③書類選考課題提出(〜2023年12月11日 (月)23:59〆切)
④書類選考の結果、及び面接日程のご連絡
⑤担当者と面接(2回程度を予定)
⑥12月中を目処に内定通知

備考

・渡航前に日本国内で事前研修があります
・安全管理上、新型コロナウイルスワクチンを2回以上接種していることが望ましいです
・渡航時期や期間の相談も可能です

最新のお知らせ

  • 日本発のテクノロジーで途上国の教育格差に挑む「e-Education活動説明会」5/24(金)
    イベント

    日本発のテクノロジーで途上国の教育格差に挑む「e-Educa...

  • NPO・NGOでの働き方「e-Educationキャリア説明会」5/14(火)
    イベント

    NPO・NGOでの働き方「e-Educationキャリア説明...

  • 【インタビュー】2023年度クレド&スタイルアワード受賞者_塚本将貴さん
    お知らせ

    【インタビュー】2023年度クレド&スタイルアワード受賞者_...

  • 【イベントレポート】14周年イベントを終えて
    お知らせ

    【イベントレポート】14周年イベントを終えて

  • 日本発のテクノロジーで途上国の教育格差に挑む「e-Education活動説明会」4/24(水)
    イベント

    日本発のテクノロジーで途上国の教育格差に挑む「e-Educa...

最高の教育を
世界の果てまで

すべての子どもたちが当たり前の
ように教育を受けられるために、
e-Educationを応援してくれる方を
探しています。

マンスリー
サポーターになる
ページトップ