とじる
メニューをとじる
カテゴリで探す
国(地域)で探す※50音順
メニューをとじる
 

SPONSORED LINK

【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
トジョウエンジンとは

トジョウエンジンとは

e-Educationがお送りするWebマガジンです。途上国で奮闘する日本人のストーリー、社会を変えるグッド・アイデアを毎日お届けします。

更新情報を受け取るには?

更新情報を受け取るには

RSS登録するかFacebookページを「いいね!」すると、ブログの更新情報を簡単に確認できます。


第9回大阪マラソンチャリティランナーにエントリー!
e-Educationのニュスレターに登録する!

トヨタに関連する記事が8件見つかりました

02/22

製造業はアフリカへーートヨタ、南アフリカで生産拡大に向けて90億円投資

large_2795713286

photo credit: Greg Tee via photopin cc

アフリカ経済の約3分の1を占める南アフリカの経済。 そんな新興国経済では、自動車産業が成長してきており、先日トヨタが新たに9000万ドル(約90億円)を投資することが発表しました。 »つづきをよむ
02/15

トヨタ名義のスパムメール!「TOYOTA PRIZE AWARD NOTIFICATION」にご注意を!

scam_toyota_prize_award_notification.jpg
気をつけて下さい。 見なれた言葉が並んでいると、ついつい気がゆるんでしまうもの。 今回ご紹介するのは「トヨタ」の名のつくスパムメール。つまり、詐欺メールです。 »つづきをよむ
02/08

3カ国の若者が一緒に旅をして学び合う実践型教育プログラム「LAMP」が始まります!

LAMP-Sum.001.jpeg
みなさん、こんにちは。e-Education代表の三輪です。 今日は、2年以上前から温め続けてきた新プロジェクト「LAMP」についてぜひご紹介させてください。 「LAMP」は、《Learn(学ぶ)・Act(行動する)・Make(作る)》 の3つを軸にした実践型教育プログラムであり、日本・ミャンマー・バングラデシュの若者15名が、各国を共に巡る新しい旅が始まります。 »つづきをよむ
04/24

26歳で独立、CSRの道へ。興味のきっかけは「環境問題」だったーーCSRコンサルタント安藤光展さんインタビュー(前編)

DSC_0546

CSRコンサルタント・安藤光展さん

個人ブログ「CSRのその先へ」で積極的にCSR情報を発信し、大手ブログメディアにも記事を配信しているCSRコンサルタントの安藤光展さん。 昨年12月には初となる書籍『この数字で世界経済のことが10倍わかる - 経済のモノサシと社会のモノサシ』を出版され、今後ますます注目される安藤さんにインタビューを行いました。 前編では、仕事や活動のことを中心に、国内外のCSR(企業の社会的責任)やそのトレンドについても伺いましたので、ぜひご覧ください(聞き手:佐藤慶一)。 »つづきをよむ
01/24

安倍首相のアフリカ連合本部でのスピーチ『「一人、ひとり」を強くする日本のアフリカ外交』が感動的だった

shinzoabe_reuters

Photo: AsiaOne

先日、安倍首相が中東・アフリカの4ヶ国を歴訪しました。 4ヵ国目は、アフリカ連合(AU)の本部がある、東アフリカのエチオピアの首都・アディスアベバでした。そこでの安倍首相のアフリカ政策スピーチが、印象的だったのでご紹介します。 »つづきをよむ
12/05

インドネシアは日本車ばかり! そしてやっぱりエコカーブームが到来?

indonesia car
こんにちは!インドネシアプロジェクトの尾崎です。今回はインドネシアの自動車市場について紹介したいと思います。 »つづきをよむ
11/29

新興国のブランド企業が急成長中! 途上国企業が世界でブランド力をつけるためのステップとは

Screen Shot 2013-10-27 at 14.01.36
過去20年間で、世界経済が途上国にも影響を与え始め、逆に途上国から影響を受け始めるようになったことは言うまでもありません。 そんな中、2012年にInterbrand社が発表した「世界最高の100のブランド企業」では、途上国の企業と中国の企業は、どれ一つとしてランクインしていませんでした。 今回は、少し視点を変えて、途上国企業がグローバルブランドを作り上げるにはどうすればいいのかについて考えていきたいと思います。 »つづきをよむ
10/13

三菱自動車、ミャンマーでピックアップトラック「L200」販売へ! 税制改訂、輸入制限緩和による新車販売の可能性

myanmar-car-mitsubishi
みなさんは、ミャンマーの自動車事情をご存知でしょうか? 実はミャンマーを走る自動車のうち、95%以上が日本車なのです。 日本車は丈夫で長持ちということを理由に、圧倒的な支持を得ており、毎月5,000台以上の車が輸入されています。そんな中、三菱自動車もミャンマーで新車を販売することを決めたそうです。 »つづきをよむ
 
創立10周年記念イベントに参加する
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
e-Educationのニュースレターに登録する!
ページトップ
© 2019 e-Education. | Website Created by Tane
© 2019 e-Education.
Website Created by Tane
トジョウエンジン ホーム ページの先頭へ