とじる
メニューをとじる
カテゴリで探す
国(地域)で探す※50音順
メニューをとじる
 

SPONSERD LINK

日本を代表する国際協力NGOを目指し共に挑戦する仲間を募集します!
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
トジョウエンジンとは

トジョウエンジンとは

e-Educationがお送りするWebマガジンです。途上国で奮闘する日本人のストーリー、社会を変えるグッド・アイデアを毎日お届けします。

更新情報を受け取るには?

更新情報を受け取るには

RSS登録するかFacebookページを「いいね!」すると、ブログの更新情報を簡単に確認できます。

【お申し込みフォーム】セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで途上国に最高の授業を届けよう!
07/12

電気がない?みんな裸足?首都ジャカルタから5時間で行ける、インドネシアの秘境「バドゥイ」に行ってみた。

IMG_0042
Selamat pagi 皆さん、おはようございます!e-Educationインドネシアプロジェクト担当の田中瑞幹です! 前回は僕がインドネシアで挑戦する理由についてご紹介しました。 第2回目の投稿となる今日は、現代文明を使わない人々の村であるバドゥイでのホームステイ体験についてご紹介します! »つづきをよむ
07/03

有名どころ以外にもたくさんある!マイナーだけど一度は訪ねてほしいミャンマーの観光スポット3選

myanmar_touristic_spot
みなさんこんにちは!e-Educationミャンマープロジェクト担当の土持です。 ミャンマーに来て約八か月がたちました。短い時間の中で、私はミャンマーの様々な場所に訪れました。その中でも、マイナーだけれど一度は訪れてほしい場所を3つピックアップしました! »つづきをよむ
06/27

「できない」と思うことにこそ挑戦する。フィリピンの果てには、そんな挑戦がいつも側にあります(繋 奏太郎)

try_and_error_philippines
Maayong hapon!(マヨンハポーン!) みなさん、こんにちは!e-Educationフィリピン担当の繋奏太郎こと、ツナです!フィリピンで活動し始めて、早いことに3ヶ月が経とうとしています。 実はつい先日まで、フィリピンでは授業が始まっていませんでした。え、じゃあそれまでなにしてたの?という声が殺到しそうです...安心してください、ちゃんと活動はしていました! 前回の記事では、なぜe-Educationで活動するに至ったかについて書かせていただきました。今回の記事では、授業が始まっていない中で私が何をしてきたのかということを紹介させていただきます。 また、現在e-Educationは海外インターンを募集しております。締め切りまで残り3日となりました!! そこで今回は、フィリピンプロジェクトでは主に何をしているのかをお伝えいたします! »つづきをよむ
06/20

朝5時に起き、山を登って学校へ。日本の大学生が初めて知ったネパールの「当たり前」と、小さな挑戦の毎日。

nepal_vivide_life
途上国のイメージをもっと豊かにするウェブマガジン『トジョウエンジン』読者のみなさん、こんにちは!e-Educationネパールプロジェクトの大竹浩貴です。 前回は、僕が大学を1年間休学しネパールでe-Educationインターンに挑戦することにした経緯について書かせていただきました。第2弾となる今回は、トジョウエンジンの原点に立ち返り、ネパール、そしてネパールプロジェクトのイメージがもっと豊かになるような記事を、現地駐在インターン生だからこその目線からお届けしていきます。 »つづきをよむ
06/13

ミャンマーで水かけ祭り!新年を祝う「ティンジャン(Thingyan)」へ潜入してきました!

thingyan_festival_myanmar
どうもこんにちは!e-Educationの佐々です。 ミャンマーに来てから2ヶ月が過ぎようとしています。少々足の裏が裂けましたが、問題なく元気にやっております。 いや、よく考えたら問題はありました。 「さあ、仕事するぞ!」 と気合いを入れてミャンマーに来たものの、あれ、パートナーがいないのです。 そう、ミャンマーは年末年始の休みに入っており、パートナーは故郷に帰っていました。 休みの名前はティンジャン(Thingyan)。そのティンジャンに、お祭り男である僕、佐々翔太郎が突入して来ました! »つづきをよむ
06/07

「ゼロからイチを生み出したい」ラオスに来て1カ月半。今、私が伝えたい当たり前のこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サバイディー!(ラオス語で、こんにちは!)e-Educationラオスプロジェクト担当の竹下友梨です。 前回は私が大学を1年休学してラオスで挑戦する理由についてお話しました。 記事公開日と同じ4月10日にラオスへ渡航して、1か月半が経ちました。新しい発見あふれる毎日であり、この1ヵ月半は短いようで、とても長く濃い時間でした。 今回の記事では、そんなラオスの生活を振り返り、活動中のプロジェクトに関して今感じていることをご紹介させてください。また6月1日にe-Education海外インターン募集が始まったこともあり、参考になったらいいなとも思っています。 »つづきをよむ
05/30

高校生の自分に負けないために。確かな覚悟を持って、インドネシアで自分の殻を破ってきます(同志社大学4年・田中瑞幹)

tanaka1
みなさん、初めまして、山口県出身、同志社大学政策学部4年の田中瑞幹です!現在は大学を休学をして、e-Educationのメンバーとして、インドネシアで活動しています! 第一回目投稿の今日は、僕がe-Educationに参加するに至った経緯をお話ししたいと思います。少し長い文章になるかもしれませんが、最後まで読んでいただけると幸いです。 »つづきをよむ
05/22

初恋の悔しさが自分を変えるキッカケに。もう後悔しないために、宮崎から初海外ミャンマーへ(宮崎大学2年・土持侑也)

tsuchimochi_origin
みなさん、こんにちは。e-Educationミャンマープロジェクト4代目担当の宮崎大学2年の土持(つちもち)です。 今ミャンマーの中心地ヤンゴンは、40度を超えることもあるくらい暑くなっています。ミャンマー料理もスパイスが効いていて、味も気温もホットなミャンマーに来てインターンをしていますが、もともと私は海外に行くような学生ではありませんでした。 この記事では、なぜ私が初海外でミャンマーに留学することを決めたのかをお話しさせてください。 »つづきをよむ
05/15

もっともっと広い世界へ。長野の山奥から東京へ、そしてインドネシアに行くまでの話(早稲田大学1年生・原昇)

IMG_4499
みなさん、こんにちは。e-Educationインドネシア6代目担当の原昇です。 早稲田大学の1年生ですが、今は大学を休んでインドネシアに来ています。思えば私の人生は、次から次へと自分の世界を広げることの繰り返しでした。 村はずれから、村の中心部へ。村を出て地方都市へ。地方から大都市へ。そう考えれば、次なるフィールドとして海外で活動することを選ぶのは必然だったかもしれません。 »つづきをよむ
05/08

やりたいことは諦めなくていい。親から教えてもらったことを、フィリピンの子どもたちに繋いできます(創価大学3年・繋奏太郎)

tsunagi_origin
みなさん、こんにちは!4月からe-Educationフィリピンミンダナオプロジェクト担当になりました、創価大学法学部3年の繋奏太郎です。 大学3年生の私がなぜ留学ではなく、インターンシップで1年間単身フィリピンで挑戦するに至ったのか、その経緯を綴らせていただきます。 »つづきをよむ
 
日本を代表する国際協力NGOを目指し共に挑戦する仲間を募集します!
【お申し込みフォーム】セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで途上国に最高の授業を届けよう!
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
ページトップ
© 2017 e-Education. | Website Created by Tane
© 2017 e-Education.
Website Created by Tane
トジョウエンジン ホーム ページの先頭へ