とじる
メニューをとじる
カテゴリで探す
国(地域)で探す※50音順
メニューをとじる
 

SPONSERD LINK

【1/10申込〆切】e-Education正職員募集
トジョウエンジンとは

トジョウエンジンとは

e-Educationがお送りするWebマガジンです。途上国で奮闘する日本人のストーリー、社会を変えるグッド・アイデアを毎日お届けします。

更新情報を受け取るには?

更新情報を受け取るには

RSS登録するかFacebookページを「いいね!」すると、ブログの更新情報を簡単に確認できます。

【12/22一次申込〆切】e-Education海外インターン募集
05/24

【VOYAGE特集】高校からずっと変わらない夢を抱き続けて。デザインの力で世界を平和にしたいーー認定NPO法人テラ・ルネッサンス 小田起世和さん

voyage_oda02.JPG
「長崎に生まれた意味はなんだろう?」 認定NPO法人テラ・ルネッサンスの小田起世和さんにとって、それは国際協力を志すキッカケとなる問いでした。 被爆三世として、戦争や紛争といった言葉が、周りの人たちよりも身近にあった小田さん。今なお争いの続く海外への想いは強まり、テラ・ルネッサンスと出会います。 高校からずっと変わらない夢を抱き続けてきた理由とは?夢を実現するために選んだ道とは? 小田さんの挑戦、そして素顔に迫ります。 (聞き手:丹羽真奈美) »つづきをよむ
05/20

【VOYAGE特集】無機質なお金に温かみを。国際協力の新しいお金の流れを作りたいーーREADYFOR株式会社・田才諒哉さんインタビュー

tasai03.jpg
「インターネットって、なんか冷たいですよね」 やわらかい笑顔で、少しだけ寂しそうに語るのは、READYFOR株式会社の田才諒哉さん。「でも」と、彼は続ける。 「僕は、そんな温度感のなさそうな場所に"熱"を作りたいんです」 田才さんは、READYFORの国際協力活動応援プログラム『VOYAGE PROGRAM』の担当者。新しい事業を0から立ち上げた発案者でもある。 「国際協力の新しいお金の流れを作る」 大きなミッションを掲げて走り出した『VOYAGE PROGRAM』がどのようにして生まれたのか。田才さんの想い、そして素顔に迫ります。 (聞き手:三輪開人) »つづきをよむ

【5/17開催】ASEAN地域のイノベーター集結!東南アジアの未来を創るイベント「ASEANFUTURE」

13087578_973642359422263_5314068362134057088_n
2015年、ASEAN(東南アジア諸国連合)がついに経済統合を果たしました。 これまでバラバラに発展してきた各国が一つの経済地域になった時、どんな未来が生まれるのか?そのとき日本を含むアジア全体にどんなチャンスが眠っているのか? 今回はそのようなASEANの未来を見据えるイベント「ASEAN FUTURE」が開催されるのでご紹介します。 »つづきをよむ
05/16

【VOYAGE特集】世界の課題解決に挑む、あの人たちの素顔をご紹介します。

voyage_program.jpg
「宇宙船地球号」 この言葉、一度は聞いたことがありませんか? 地球を宇宙船に見立てる、とてもシンプルな考え方です。しかし今、その船はたくさんの問題を抱え、船内各所でSOSの声が上がっています。 貧困、水不足、医療不足、震災被害。船内(世界各地)に広がる問題に対して、私たちは何ができるでしょうか? »つづきをよむ
04/25

ネパール地震から1年。今なお苦しんでいる子どもたちのために、あなたの力を貸してください。

CP_KsfgWoAAHTSX.jpg
いつもトジョウエンジンをご覧頂きありがとうございます。e-Educationの吉川です。 ちょうど1年前の今日、ネパールで大きな地震が発生しました。これまで私も現地パートナーと共に活動を続けてきましたが、復興はまだまだ遠い道のりです。 震災から1年がたった今だからこそ、求められる支援とは何なのかを考えてみたいと思います。 »つづきをよむ
04/24

被災地の人たちのために、私たちe-Educationにしかできないこと。

our_action_from_now.png
トジョウエンジンをいつもご覧いただき、ありがとうございます。 先月書いた「震災から5年。こんな日だからこそ、ぜひ考えて欲しい「途上国」のこと。」には多くの温かいコメントをいただき、記事を書いた私自身、"震災"について改めて考える機会になりました。 そのような中で起こった熊本の大地震。今なお被災地で苦しい生活を送っている方々のことを想うと胸が痛みます。まだ余震が続き、不安な日々を過ごされているかと思いますが、被災地の皆様のご無事を心から願っております。 一昨日バングラデシュから日本に戻り、早速スタッフ全員で話し合って決めた「私たちe-Educationにしかできないこと」についてお伝えいたします。 »つづきをよむ
04/16

「セクターを超えた課題解決の最前線を学ぶ」講演&交流会 イベントレポート

S__13222134
バングラデシュや東北被災地を拠点とし、チェンジメーカー輩出を目的としたフィールドワーク事業を行う「GCMP」、アジア6カ国で映像授業を活用した教育支援事業を行なう「e-Eduation」の2つの団体がタッグを組み、セクターを超えた課題解決にフォーカスした講演&交流会を開催しました! »つづきをよむ
03/22

「映画」×「途上国」で子供たちに夢を与える!〜World Theater Project 教来石小織さんインタビュー〜

01

初めて映画を観て喜ぶカンボジアの少年

「国際協力」という言葉を聞いて、みなさんはどんな活動をイメージしますか? 学校、病院の建設や水、道路などのインフラ整備。先進国の知識を用いた農業指導や、IT技術の普及を目指した活動など。技術の進化が著しい今日、国際協力の活動というのは以前よりも多岐にわたるものとなってきています。 今回は、World Theater Project(運営・NPO法人CATiC)という「途上国に映画を届ける」活動をしている教来石小織(きょうらいせきさおり)さんの取り組みについてご紹介します。 (聞き手:小川哲志) »つづきをよむ
03/11

震災から5年。こんな日だからこそ、ぜひ考えて欲しい「途上国」のこと。

after_three_years.jpg

5年前のバングラデシュにて

東日本大震災から5年。 「5年」という節目の年であるからなのか、テレビや新聞では大きな特集が組まれていましたが、果たして1年前や2年前はいかがだったでしょうか? 何か忘れつつあるのではないでしょうか?震災の被害は思い出すことができても、「誰が」支援してくれたのかハッキリ思い出せなくなっている人も多いのではないでしょうか? そんな「誰か」を思い出して欲しく、トジョウエンジンでは2年前からこの日に「震災」と「途上国」をつなげる記事を書くようになりました。 今年で3年目。ぜひ考えて欲しい「途上国」のことをご紹介します。 »つづきをよむ
03/03

『あなたの1杯』で世界の果てまで最高の授業を届けよう!LanCul×e-Education@下北沢イベントレポート

DSC_0882

第2回LanCul×e-Educationイベント

過去に世界6大陸10カ国以上、そして現在は世界6カ国の様々な途上国で最高の授業を届けてきたe-Education。 途上国の教育格差を是正する活動を行っている我々は、昨年11月から、LanCulという英会話バーとコラボし、e-Educationチャリティーアワーと称した、チャリティーイベントを実施しています。 今回は、2月27日にLanCul下北沢店で第2回を行ったイベントの様子をお伝えします! »つづきをよむ
 
【1/10申込〆切】e-Education正職員募集
【12/22一次申込〆切】e-Education海外インターン募集
ページトップ
© 2016 e-Education. | Website Created by Tane
© 2016 e-Education.
Website Created by Tane
トジョウエンジン ホーム ページの先頭へ