とじる
メニューをとじる
カテゴリで探す
国(地域)で探す※50音順
メニューをとじる
 

SPONSORED LINK

【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
トジョウエンジンとは

トジョウエンジンとは

e-Educationがお送りするWebマガジンです。途上国で奮闘する日本人のストーリー、社会を変えるグッド・アイデアを毎日お届けします。

更新情報を受け取るには?

更新情報を受け取るには

RSS登録するかFacebookページを「いいね!」すると、ブログの更新情報を簡単に確認できます。


e-Educationのニュスレターに登録する!

eコマースに関連する記事が25件見つかりました

06/24

インドのeコマース市場の可能性ーー「Flipkart」の伸びとアマゾンの参入から考える

Screen Shot 2014-06-13 at 01.59.13
トジョウエンジンでは以前から、東南アジアのeコマース(電子商取引)市場に注目してきました。 しかし、その流れはインドネシアやフィリピンなどのASEAN(東南アジア諸国連合)諸国だけでなく、巨大市場を誇るインドでも起きています。 そんな中、同国最大規模のECサイト「Flipkart」の「Myntra.com」の買収から、インドのeコマースマーケットの可能性を探ってみたいと思います。 »つづきをよむ
06/17

6ヵ月間で214億円を調達ーーファッション系eコマースサイト「Zalora」の東南アジアでの展開に注目

zalora
トジョウエンジンでも以前から注目している、東南アジアのeコマース(電子商取引)市場。 そんな中、ドイツの世界最大のインキュベータ・ロケットインターネットが率いるオンラインショッピングサイト「Zalora」が、新たに1.1億ドル(約112億円)の資金調達を実施しました。 »つづきをよむ
06/15

急成長中の東南アジアのeコマース市場ーータイの「aCommerce」が同国史上最大のシリーズA資金調達を実施

Screen Shot 2014-06-10 at 11.40.47
東南アジアのベンチャー企業のエコシステムが盛り上がりを見せています。 タイを拠点とする、eコマース(電子商取引)を提供している「aCommerce」が、1070万ドル(約11億円)の同国史上最大のシリーズAの資金調達を実施しました。 »つづきをよむ
06/05

アフリカで増えるオンラインショッピングーー南アフリカのeコマースサイト「Takealot」が101億円の資金調達

Screen Shot 2014-05-24 at 16.02.55
トジョウエンジンでは以前から、途上国・新興国でのeコマース市場の発展に注目してきました。 そんな中、南アフリカTaKealotが、1億ドル(約101億円)の資金調達を行ないました。 »つづきをよむ
05/05

今度はカタールの通信会社と提携!?ロケットインターネットが東南アジアのeコマース市場に本格進出!

8145571669_8449f53697_b
先進国で成功したビジネスモデルを新興国・途上国で真似る手法で有名な、ドイツの世界最大のインターネットインキュベーター「ロケットインターネット」。 先日、カタールの大手通信会社Qoredooとロケットインターネットが、アジアのモバイル系eコマース(電子商取引)スタートアップ投資に特化したジョイントベンチャー「Asia Internet Holding」を設立することが発表されました。 »つづきをよむ
03/02

利用者は1年で2倍以上!インドのeコマース市場、2023年には6兆円規模に

ntf_109_2
インドのeコマース市場が2023年までに世界の約7%を占める、6兆円規模まで拡大する見通しであることが分かりました。 »つづきをよむ
02/24

東南アジアのeコマース市場が盛り上がる! 改めて現状と今後を考えてみる

Ecommerce_online
昨年、東南アジアのe-commerce(EC: 電子商取引)市場は大きく動きました。 それぞれが他とは違った手法で、バックに巨額の資金を連ねて新地開拓。Tech in Asiaによれば、2013年だけで5億ドル(約510億円)ほど東南アジアのeコマーススタートアップに投資されたそうです。 この一連の流れを見ていると今現在、東南アジアのeコマース市場はバブル状態にあると言えるでしょう。この記事では、改めてなぜこの業界に注目が集まっているのか、問題点、そして今後について考えていきたいと思います。 »つづきをよむ
07/08

アフリカ発展の最前線はここにある! 革新的なアフリカ関連ベンチャー10社

Johannesburg_CBD

Photo: Wikipedia

2014年4月、海外メディア「Fast Company」が「最も革新的な10つのアフリカベンチャー企業」を選出しました。 アフリカならではの課題をアフリカならではの方法で解決しようとする10社は、一体どんなモデルで、どんな価値をアフリカの人に提供しているのでしょうか。すべて紹介したいと思います。 »つづきをよむ
07/04

巨大市場の半分を捨てている? アジア17億人の貧困層の人々が持つビジネスチャンス

FLOODS

photo credit: Global Water Partnership via photopin cc

アジアの総人口は約43億人。その内、一日2ドル以下で生活する人々の数は17億人(アジア人口の約40%)に上ります。そして、90%弱は農村部に住んでいます。 しかし、ほとんどのイノベーションは都市部で起きており、2025年までに世界のGDPの60%は600の主要都市が作り上げる、とまで言われています。アジアが今後全体的に発展するためには、貧困層の人々との共存が必要不可欠になってきます。 »つづきをよむ
06/20

広がるソフトバンクの東南アジア展開ーーフィリピンのスタートアップ企業向け新ファンド設立

softbank-logo

Photo: BizDaily

東南アジアの中でも、多くのスタートアップ企業が台頭してきているフィリピン。 そんな中、日本のソフトバンクが新しいファンドを立ち上げ、2000万ドル(約20億)以上をフィリピンのベンチャー企業に投資することが発表されました。 »つづきをよむ
 
【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
第9回大阪マラソンチャリティランナーにエントリー!
e-Educationのニュースレターに登録する!
ページトップ
© 2019 e-Education. | Website Created by Tane
© 2019 e-Education.
Website Created by Tane
トジョウエンジン ホーム ページの先頭へ