とじる
メニューをとじる
カテゴリで探す
国(地域)で探す※50音順
メニューをとじる
 

SPONSORED LINK

【寄付する方法】e-Educationの活動を継続的にサポートしてくれる方を探しています
これらの記事のライター (他のライターをみる)
 
松本 優真
ライター

京都大学文学部出身。greenz.jpジュニアライター。発展途上国と課題先進国を繋ぐようなアイデアを、自分の言葉で“翻訳”して伝えることを目指しています。

トジョウエンジンとは

トジョウエンジンとは

e-Educationがお送りするWebマガジンです。途上国で奮闘する日本人のストーリー、社会を変えるグッド・アイデアを毎日お届けします。

更新情報を受け取るには?

更新情報を受け取るには

RSS登録するかFacebookページを「いいね!」すると、ブログの更新情報を簡単に確認できます。


創立10周年記念イベントに参加する
07/21

マンツーマンで夢を応援! シカゴ発、難民の家庭を支える少女たちに寄り添う「GirlForward」の取り組み

Photo: GirlForward

政府による認定や国内への受け入れの実績が極めて少ないこともあって、日本ではあまり大きな関心が向けられていない難民問題。 トジョウエンジンではこれまでにも、様々な境遇で難民となった人々を支援する様々な取り組みをご紹介してきました。 今回ご紹介するのは、アメリカ合衆国の大都市、シカゴに移り住んだ難民の少女たちの生活をメンターがサポートし、夢を応援してゆくプロジェクト「GirlForward」です。 »つづきをよむ
06/30

まだ使えるパソコンを途上国へ! 不要な人と必要な人をつなげるリサイクルプロジェクト「Globetops」

Photo courtesy: Globetops

先日ご紹介した、ラテンアメリカやアフリカのコーヒー農家をモバイル技術でサポートする取り組みのように、情報化の動きは途上国の一部でも花開きつつあります。 しかし、パソコンなどの情報デバイスに対するニーズは依然としてまだまだ満たされていないようで、国際電気通信連合(ITU)の報告によれば、途上国における1世帯当たりのコンピューター普及率は30%程度にとどまっています。 今回ご紹介する「Globetops」は、パソコンが不要になった人と必要としている人とをマッチングすることを通して、途上国内のニーズと環境への配慮に同時に貢献するようなリサイクルシステムの構築を目指しています。 »つづきをよむ
06/23

アフリカのエイズ孤児に”ぬくもり”を! 世界中から募ったニットでブランケットをつくる「Knit-a-square」

Photo: Knit-a-square

日本は梅雨に入り、本格的な夏に向かいつつあります。 南半球に位置するアフリカ南部の国々では対照的に冬が訪れ、これからの季節、最低気温が氷点下になるところも。 今回ご紹介する「Knit-a-square」は、こうした地域に暮らすエイズ孤児の子どもたちに、寒さをしのぐためのニットを届けるチャリティープロジェクトです。 »つづきをよむ
06/09

コーヒー農家をテクノロジーで支援! 南米とアフリカでスタートした2つのモバイル技術活用プロジェクト

Some Rights Reserved by CIAT

トジョウエンジンではこれまでにも、地方のコーヒー農家を支援するプロジェクトをいくつかご紹介してきました。 フェア・トレードやサステナブルといったキーワードへの関心の高まりと共に、消費する立場にある人々の意識は徐々に変わりつつあるのかもしれませんが、生産者の置かれている状況が依然として厳しいことに変わりはないようです。 今回お伝えするのは、テクノロジーの導入によってコーヒー農家の情報インフラを支えることで、彼らの生活環境の改善を目指すふたつの取り組みです。 »つづきをよむ
06/02

子どもたちの絵とプロのイラストがコラボ! Tシャツをインドネシアの学校に変える取り組み「Face This」

Photo: Jaap Vliegenthart

子どもたちが発揮する自由な発想力や大胆な表現力は世界共通。 今回ご紹介する「Face This」がインドネシアで進めているのは、そんな子どもたちの力を彼ら自身の生活・教育環境の改善に活かしていこうというプロジェクトです。 »つづきをよむ
05/26

世界初のエコなパネル掃除ロボット! イスラエルの太陽光発電所で全自動ケアが実現

Photo: Ecoppia

環境意識の高まりと共に注目を集めている太陽光エネルギー。中東やアフリカなどの途上国でも、太陽光発電の活用が進められています。 今回ご紹介するのは、その代表的な国の一つ、イスラエルにある太陽光発電所に世界で初めて導入された、全自動のパネル掃除ロボットです。 »つづきをよむ
05/21

アラームで手洗い忘れをお知らせ! フィリピンのトイレに導入されたハンドソープマシン「Germ Alarm」

Photo: Safeguard

トイレに入ったら手を洗う。 日本では比較的当たり前のこととして意識されていそうなこんな習慣でも、ひとたびほかの国に目を向けてみると、必ずしも十分に定着していないのが実情です。 今回は、そんな手洗い習慣への意識の向上を図ろうとフィリピンの公衆トイレで導入され始めた、アラーム付のハンドソープディスペンサー「Germ Alarm」をご紹介します。 »つづきをよむ
 
創立10周年記念イベントに参加する
ページトップ
© 2021 e-Education. | Website Created by Tane
© 2021 e-Education.
Website Created by Tane
トジョウエンジン ホーム ページの先頭へ